Cookie Warning

This site uses cookies to help improve your experience

Please follow the link to find out more about cookies. Learn more

I understand
 

コードカバレッジ解析

コードが充分にテストされたことを立証してテストの有効性を判定するために、多くの監査機関が構造化カバレッジ解析を必須項目とするようになりました。セーフティクリティカルなソフトウエア開発では、スタンダード認証機関はコードカバレッジの程度を詳細に示したレポートを要求します。そしてもちろん、開発の妨げにならないように、それらは効率良く作成できることが必要です。

手作業でテストケースを作ることや、管理することもできなくはないでしょう。また、それを使ってアプリケーションの色々な挙動を、時には要領良く、時には手間取りながら調べることもできるでしょう。しかしステートメントカバレッジやブランチカバレッジ、関数コールカバレッジ、もっと厳密な環境ではMC/DCカバレッジが解析要件に含まれている場合、あるいはソースとオブジェクトコードの両方の解析が必要な場合は、テストプロセスの自動化はもちろん、テストプロセスとテストデータの効果の判定の自動化も必要になります。

LDRA社のコードカバレッジ解析ツール

LDRA社のカバレッジ解析ツールはセーフティクリティカルおよびセキュリティクリティカルな市場における最も厳密な要件に対応します。弊社は最も厳密なカバレッジ要件である、ソースレベルとオブジェクトレベル両方のカバレッジ解析を提供できるただひとつの会社です。LDRAツールでテストケースを自動生成して、実行すること、ステートメント、ブランチ/デシジョン、関数コール、MC/DCカバレッジ、ダイナミックデータフローなど様々なカバレッジ解析レベルで視覚的にレポートすることができます。

ツールは強力な64ビットから小規模な8ビットや16ビットまで、幅広い範囲のターゲット上でC、C++、Java、Ada、各種アセンブラをサポートします。またLDRAツールは、50~80%のカバレッジを満たすテストケースを自動生成できます。そして直感的なテストケース作成環境により、必要に応じてカバレッジ率向上のために素早くテストケースを追加することも可能です。

  • TBrun(TBextremeモジュールを含む)はユニットテスト(単体テスト)、テストケース生成と実行、コードカバレッジ解析の自動化支援ツール
  • The Tool Qualification Support Pack (TQSP) は、弊社ツール類に関するドキュメント、ツール認定のガイダンス、スタンダード認証の要件を満たす成果物を含む
  • LDRAunit はユニットテスト(単体テスト)生成と管理の自動化を支援するツールのスタンドアローン版

Using the LDRA tool suite for Verifying Object Code