Cookie Warning

This site uses cookies to help improve your experience

Please follow the link to find out more about cookies. Learn more

I understand
 

Requirements Traceability

要件トレーサビリティと要件管理

セーフティクリティカルあるいはセキュリティクリティカルなアプリケーションでは、その開発プロセスがスタンダードの認証や認定で求められる要件に適合しているかを、監査されることになるでしょう。双方向(バイディレクショナル)の要件トレーサビリティ(要件から設計、実装、検証作業や成果物)によって、競合他社との差別化を実現し、機器認定完了への最短コースをもたらします。たとえ開発プロセスやプログラムが厳格なスタンダード認証に適合している必要がない場合でも、要件トレーサビリティと要件管理はコード品質とアプリケーションの総合的な安全性、セキュリティ、効率の向上に役立ちます。

要件管理は、専用ツールではなく表計算ソフトなどでも、一時的にはできるかも知れません。しかし、たとえプロジェクトが小規模でチームが少人数であったとしても、ライフサイクル全般にわたって変更のインパクトを管理することは容易ではありません。要件の変更に効率良く正確に対応する必要があります。そして、どの設計箇所と成果物を更新すべきか、修正後にどのテストを再実行すべきか、要件の変更に応じてコードに充分なテストが実施されたことをどのようにドキュメント化するか、迅速な判断が求められます。もしシステムが複雑で開発チームが大所帯だったとしたら、要件の純粋な量と区分けだけで管理不能に陥ることでしょう。この問題に対処するため、多くの企業が形式的(フォーマル)なツールの使用や要件駆動型の開発とテストに移行しつつあります。要件に焦点を当てることで、チームはオーバーエンジニアリング(時間と予算の浪費)とアンダーエンジニアリング(失敗のリスクが増加)の間にある、スイートスポットを見つけることができるでしょう。正しいツールはリスクを軽減し、要件に適合する高品質な製品を納期と予算内で開発する手助けとなります。

LDRA社の要件管理ツール

LDRAはトレーサビリティに、包括的でロールベースのアプローチを提供します。要件と検証のタスクをチームのメンバーに割り当てることができて、すべての成果物を集めて結合することができます。その結果、ソフトウエア開発ライフサイクル全般にわたって追跡可能なプロセスになるので、要件・設計・ソースコードへの変更の理解や検証やトレースが容易になります。

LDRAツールは要件や開発されたソフトウエアの変更を検出して、影響を受けるコンポーネントに対する適切なテストの構成や再実行を支援。要件への上流方向あるいは設計・実装・検証への下流方向のどちらへインパクト解析するか判断するための最適な環境を提供します。

  • TBmanager はロールベースの要件管理ツール。各開発チームの役割分担に応じた作業を通じて、コードと検証成果物を上位レベルのオブジェクティブに遡って結合
  • TBeXtreme はコードの変更を検出し、リグレッションテストの必要性を判定するオプションモジュール
  • コード品質とメンテナンス性の向上のために静的・動的解析、コーディング規約準拠、単体・結合・システムテストなど、より高度な開発プロセスへの移行を目指すチームに理想的な LDRA ツールスイート

Click on the image to learn about Traceability Management

  • A short demo providing an overview of how to parse a Microsoft Word document using TBmanager.